profil reference faq zatsubun contact german
通訳の種類に「逐次通訳」「同時通訳」「ウィスパリング」があるそうですが、どう違うのですか。
 
 逐次通訳は、話し手が適当な長さで話しを区切り、通訳者は聞いた分だけ通訳していく方法です。通訳者は話し手が話したのとほぼ同じ長さで訳出します。大幅に短くなることはありません。
 同時通訳の場合は、文字どおり話し手の発声と並行して同時に訳出し始め、話し手より数秒遅れるていどで訳し終えます。この場合は話し手、聴衆、同時通訳者それぞれが話し手の声と通訳者の声の両方を一度に聞かなくて済むように同時通訳ブース、マイク、ワイヤレスレシーバーとヘッドホン、といった機材が必要となります。
 ウィスパリングは機材を用いない同時通訳のようなもので、通訳者は最高2名の聞き手のために話し手の発言を同時にウィスパリング(ささやく)します。



back top next


fujiko@sekikawa.de
© 2001-2006 fujiko sekikawa